マイクロゲーミング

マイクロゲーミングはオンラインカジノのソフトウェア開発業界のパイオニアとして最も有名な企業です。20年前にwindows95が発売された時代に小さなオンラインカジノの運営会社として誕生しましたが、当時はパソコンの能力も回線速度もようやくインターネットにつながるだけの能力しかなかったことから、ほとんど参加者いなかったそうです。そこで経営方針を転換して他社にソフトウェアを提供し始めたことから大成功を収め始め、現在では800以上のオンラインカジノゲームを提供しているほか、500種類の様々なゲームを送り出しています。また世界初のオンラインカジノを作っただけでなく、世界初のプログレッシブスロットマシンを作ったのもこのマイクロゲーミング社です。ではその他のゲーム開発会社はどんなかいしゃがあるでしょうか?他のゲーム開発会社は大きな会社が5社あります。最初はプレイテック社です。マイクロゲーミング社と同じくらいの長い歴史をもちつつ、全体の規模はそれを上回ると言われています。現在はマーベルスーパーヒーロズをモチーフにしたスロットマシンの開発で有名です。次はネットエンターテイメント社です。前2社に比べて規模こそ小さいものの、オリジナルにこだわりをもつ会社で、サウスパーク、ゴンゾークエストなど非常に美しいグラフィックのゲームを作り出していることで有名です。次はベットソフト社です。ベットソフトは他のゲーム開発会社のように大きくはありませんが、3Dスロットに特化した企業として有名です。美しいグラフィックと優れたゲームの性能で高い評価を受けています。最後はエブリマトリックス社です。他のゲーム開発会社ほど名前が知られていませんが、すでに22000以上のゲームを提供しているほか、支払いシステムや管理システムを提供している会社です。マイクロゲーミングがパイオニアとして業界をリードしながらも、さまざまなベンチャー企業が革新的なゲームを生み出し続けている業界です。

サンダーキック

サンダーキックThunderkick社はカジノソフトウェア開発会社です。大手ソフトウェア開発会社の一つであるネットエンターテイメント(NetEnt)社の元メンバーたちが、会社を辞める際に独自のソフトウェアを作り上げるために集まって2012年に設立した若い会社です。これまでのスロットマシンとは一線を画する革新的なデザインとゲームシステムが関係者に驚きを与えています。本社はスウェーデンのストックホルムにあり、マルタでカジノのライセンスも取得しています。主力はスロットマシンのゲームでは、Acader(アーケーダー)とよばれるスロットマシンが大ヒットして一躍有名になりました。アーケーダーはドット絵を使ったレトロなテレビゲームのようなスロットマシンが滑らかに5リールで回転するシンプルなスロットです。非常に荒いドット絵なのですが、昔のレトロゲームで育った世代に受け入れられて大人気になりました。そのブームが綺麗なグラフィックのビデオマシンが主流のオンラインカジノ業界に衝撃を与え、サンダーカジノ社が注目を集めるきっかけになりました。カジノマシンを作る、というよりもは、常に独自の切り口でユニークなソフトウェアゲームを作ることを目的にして、開発を続けています。ウェブサイトにはまだ10種類程度のソフトウェアしか発表されていませんが、そのうちのSunny Scoops、Fruit Warp、Wire on Birds、Magiciousはどれも有名です。人気の秘密は3Dビジュアルと美しいサウンドトラックだと言われています。実際のビジネスの方もかなり成功していて、創業して2年後の2014年にはUnibetがサンダーキック社のソフトウェアの採用を決めました。これをきっかけに各方面から話があり順調にソフトが販売されているようです。サンダーキック社のゲームで遊べるサイトはグリーンカジノとベラアンドジョンがあります。圧倒的なビジュアルとノリのいいサウンドで楽しませてくれるサンダーキックのゲームをプレイして話のネタを作りましょうか。